浜松市の床屋 ヘアーサロン【CUT SHOP TIME】浜松市中区西伊場町の理髪店,散髪屋,理容店,理容室,ヘアサロン
浜松市の床屋 ヘアーサロン【CUT SHOP TIME】浜松市中区西伊場町の理髪店,散髪屋,理容店,理容室
【トップページ】 浜松市のヘアーサロン(床屋)【カット ショップ タイム】理髪店【ヘアースタイル】 浜松市のヘアーサロン(床屋)【カットショップタイム】理容店【料金表】 浜松市の床屋(ヘアーサロン)【カットショップタイム】理容室【カレンダー】 浜松市の床屋(ヘアーサロン)【カットショップタイム】理髪店【BGM】 浜松市のヘアーサロン(床屋)【カットショップタイム】理髪店【自己紹介など】 浜松市の床屋(ヘアーサロン)【カットショップタイム】散髪屋【アクセス 地図】 浜松市のヘアーサロン(床屋)【カットショップタイム】理容室【メール】 浜松市のヘアーサロン(床屋)【カットショップタイム】床屋,理髪店,散髪屋,理容店,理容室,ヘアサロン

NEW ARRIVAL
プーチン大統領の演説
内閣府のムーンショット目標
ウクライナ危機について
アンナ・シェルバコワ
ロバート.マローン博士のスピーチ
2022年 元旦
コマーシャル撮影の続きとして
コマーシャル撮影
お彼岸にて
ひまつぶしのハゼ釣りについて
今夏のベストポジション3回目
絶賛治験中ワクチンと酸化グラフェン
異常事態宣言前夜
続夏休みの自由研究 課題は『日本』
大人の夏休みの自由研究
常識の書き換え完了 PCRお役御免
今夏のベストポジション2週目
今夏のベストポジション決定
コロナワクチン後の死亡報告746人
夏のはじまりに意気込んで
新型コロナウイルス関連
コマーシャル撮影
絶賛治験中ワクチンと酸化グラフェン
常識の書き換え完了 PCRお役御免
コロナワクチン後の死亡報告746人
岡田正彦名誉教授の勇気ある行動
結局コロナの話題に絡めちゃうんだな
キャリー・マリス博士の遺言
25年ぶり仙巌の滝~Dサバイバル
ベルリンのデモ 2020.08.01 続報
イタリア アメリカ そして日本で・・・
ベルリンのデモ 2020.08.01
新型コロナ騒動について考えよう!
人工合成遺伝子ワクチン考
超巨大カルトの存在を理解できるか!
コロナ騒動は茶番の可能性(大)
世界パンデミックキャンペーン中
千両役者 No.1
2022.10.04 
プーチン大統領の演説 (中庸なスタンスにて掲載)


本文

ウラジーミル・プーチンの2022年9月30日の演説文の書き起こし

『ロシア国民の皆様、ドネツクおよびルハンスク人民共和国の国民の皆様、ザポリージャおよびケルソン地域の住民の皆様、ロシア連邦の国家院議員および上院議員の皆様!

 ドネツク、ルハンスク人民共和国、ザポリージャ、ケルソンの各州で住民投票が行われました。それらの成果は総括され、結果は知られている。人々は明確な選択をした。

 今日、我々はドネツク人民共和国、ルハンスク人民共和国、ザポリージャ地方、ケルソン地方のロシアへの加盟に関する条約に署名する。

 私は、連邦議会が、4つの新しい地域、すなわちロシア連邦の4つの新しい構成体の承認と設立に関する憲法を支持すると確信している。なぜなら、これは何百万人もの人々の意思だからだ。(拍手)

 そして、これはもちろん彼らの権利であり、国連憲章の第1条に謳われている、民族の平等な権利と自決の原則を直接語る、彼らの譲れない権利なのだ。

 繰り返すが、それは人民の不可侵の権利であり、歴史的統一に基づくものである。その名のもとに、我々の祖先、すなわち古代ロシアの起源から何世紀にもわたってロシアを建設し守ってきた人々の世代が勝利を収めてきたのである。

 ここノヴォロシアでは、ルミャンツェフ、スヴォーロフ、ウシャコフが戦い、エカテリーナ2世とポチョムキンが新しい都市を築いた。私たちの祖父や曾祖父は、大祖国戦争中、ここで死闘を繰り広げたのだ。

 私たちは、「ロシアの春」の英雄たち、2014年にウクライナで起きたネオナチのクーデターに我慢しなかった人たち、母国語を話す権利、文化、伝統、信仰を守る権利、生きる権利のために亡くなったすべての人たちを常に覚えていることであろう。

 彼らはドンバスの戦士であり、「オデッサ・ハティニア」の殉教者であり、キエフ政権による非人道的なテロ攻撃の犠牲者たちである。ボランティアや民兵、民間人、子ども、女性、お年寄り、ロシア人、ウクライナ人、さまざまな国籍の人たちである。

 こちらはドネツクの真の民衆指導者アレクサンドル・ザハルチェンコ、こちらは戦闘指揮官アルセン・パブロフ、ウラジミール・ジョガ、オルガ・コチュラ、アレクセイ・モズゴヴォイ、こちらはルハンスク共和国の検事セルゲイ・ゴレンコ。これはヌルマゴメド・ハジマゴメドフ空挺部隊と、特別軍事作戦中に勇敢な死を遂げた我々の兵士と将校たちである。彼らはヒーローなのだ。(拍手)

 偉大なるロシアの英雄たち。そして、彼らを偲んで1分間の黙祷を捧げよう。

(静寂の時)

 ありがとう。

 ドネツク、ルハンスク両人民共和国、ザポリージャ、ケルソン両地域の数百万人の選択の背景には、私たち共通の運命と千年の歴史がある。人々はこの精神的な絆を子や孫に受け継いできた。どんな試練にも負けず、彼らはロシアへの愛を貫き通した。そして、誰も私たちの中にあるこの気持ちを壊すことはできないま。だからこそ、ソビエト連邦崩壊の悲劇の後に生まれた年長者たちは、私たちの統一と共通の未来のために投票したのだ。

 1991年、ベロビスカヤ・プシュチャで、一般市民の意思を聞くことなく、当時の党エリートの代表がソ連の崩壊を決定し、人々は一夜にして祖国から切り離されたことに気がついた。

 これは、私たちの国家の結束を生きたまま引き裂き、分裂させ、国家の大惨事と化した。かつて革命の後、連邦共和国の国境が裏で切り刻まれたように、1991年に行われた国民投票で、ソ連の最後の指導者たちは、大多数の直接的な意思に反して、ただ事実を各国に示すだけで、この偉大な国を破壊してしまった。

 自分たちが何をしているのか、その結果が最終的にどうなるのか、十分に理解さえしていなかったことは認める。でも、そんなことはもうどうでもいい。ソ連がなくなってしまったのだから、過去は取り戻せない。

 そして、今日のロシアはそれを必要としないし、私たちはそれを目指していない。しかし、文化、信仰、伝統、言語によって自分たちをロシアの一部と考え、何世紀にもわたって一つの国家で暮らしてきた祖先を持つ何百万人もの人々の決意ほど強いものはない。この人たちの、本当の歴史的な故郷に帰ろうという決意ほど強いものはない。

 8年もの間、ドンバスの人々は大量虐殺、砲撃、封鎖にさらされ、ケルソンとザポリージャでは、ロシアとロシア人に対する憎悪を犯罪的に植え付けようとしている。

 さて、国民投票の間、キーウ政権は学校の先生や選挙管理委員会の女性たちを報復で脅し、自分の意思を表明しに来た何百万人もの人々を威圧していた。しかし、ドンバス、ザポリージャ、ケルソンの壊れざる民衆は語っている。

 ルハンスク、ドネツク、ケルソン、ザポリージャに住む人々は、永遠に我々の市民である。(拍手)

 私たちはキーウ政権に対し、2014年に放った戦争、すべての敵対行為を直ちに停止し、交渉のテーブルに戻ることを求める。準備はできている。

 それは何度も言われていることだしかし、ドネツク、ルハンスク、ザポリージャ、ケルソンの人々の選択は議論されることはなく、すでに決定されており、ロシアはそれを裏切らないだろう。(拍手)

 そして、今日のキーウの当局は、この民意の自由な表現に敬意をもって接し、それ以外の方法はとってはならない。これだけが平和への道となり得るのだ。

 私たちは、自由に使えるすべての力と手段でこの土地を守り、国民の安全な生活を確保するためにあらゆる手段を尽くす。これこそ、わが民族の偉大な解放の使命である。

 8年もの間、ドンバスの人々は大量虐殺、砲撃、封鎖にさらされ、ケルソンとザポリージャでは、ロシアとロシア人に対する憎悪を犯罪的に植え付けようとしている。さて、国民投票の間、キエフ政権は学校の先生や選挙管理委員会の女性たちを報復で脅し、自分の意思を表明しに来た何百万人もの人々を威圧していた。しかし、ドンバス、ザポリージャ、ケルソンの壊れざる民衆は語っている。

 ルハンスク、ドネツク、ケルソン、ザポリージャに住む人々は、永遠に我々の市民である。(拍手)

 私たちはキーウ政権に対し、2014年に放った戦争、すべての敵対行為を直ちに停止し、交渉のテーブルに戻ることを求める。準備はできている、それは何度も言われていることだ。

 しかし、ドネツク、ルハンスク、ザポリージャ、ケルソンの人々の選択は議論されることはなく、すでに決定されており、ロシアはそれを裏切らないだろう。(拍手)そして、今日のキエフの当局は、この民意の自由な表現に敬意をもって接し、それ以外の方法はとってはならないのです。これだけが平和への道となり得るのです。

 私たちは、自由に使えるすべての力と手段でこの土地を守り、国民の安全な生活を確保するためにあらゆる手段を尽くします。これこそ、わが民族の偉大な解放の使命である。

 破壊された市や町、住宅、学校、病院、劇場、美術館を必ず再建し、工業企業や工場、インフラ、社会、年金、医療、教育システムを復旧・発展させる。

 もちろん、セキュリティの向上にも努める。私たちは、新しい地域の市民が、ロシア全国民、国全体、すべての共和国、偉大なる祖国のすべての地区や地域の支持を感じることができるように、共に努力していく。(拍手)


親愛なる友人たちよ、同僚たちよ

 本日、私は、特別軍事作戦に参加している兵士と将校、ドンバスとノボロシヤの兵士、部分動員令の後に愛国的義務を果たすために軍隊に参加し、心の叫びから自ら軍の登録と入隊の事務所に来た人々に語りかけたいと思う。

 私はまた、彼らの両親や妻や子どもたちに、私たちの仲間は何のために戦っているのか、世界を新たな戦争と危機に投げ込み、この悲劇から血の通った利益を引き出そうとしている敵は何者なのか、と語りかけたいと思う。

 私たちの同胞、ウクライナの兄弟姉妹は、私たちの統一国家の一部であり、いわゆる西側の支配層が全人類のために準備していることをその目で見てきたのである。しかし、ここで彼らは仮面を脱ぎ捨て、真のガッツを見せたのだ。

 ソ連が崩壊した後、西側諸国は、世界は、私たちは、永遠に自分たちの命令に我慢しなければならないと決めた。1991年当時、西側諸国はロシアがこの混乱から立ち直ることはできず、自力で崩壊すると考えていた。私たちは90年代を覚えている。飢えと寒さと絶望に満ちた、恐ろしい90年代を。しかし、ロシアは持ちこたえ、復活し、強化され、世界における正当な地位を取り戻した。

 同時に、西側諸国は、我々を攻撃し、彼らが常に夢見てきたようにロシアを弱体化させ崩壊させ、我々の国家を断片化し、我々の民族を互いに対立させ、貧困と絶滅に追いやるための新しいチャンスを探し続けてきたのである。世界にはこんなに大きな国があって、領土があって、天然資源があって、他人の命令では生きられない、生きられない人たちがいるということを、彼らはただ理解できないだけなのだ。

 欧米は、ドルパワーと技術的独裁を犠牲にして世界に寄生し、本質的に世界を奪い、人類から真の貢ぎ物を集め、不労所得の主な源泉である覇権的家賃を引き出すことを可能にする新植民地システムを維持するためには、どんなことも凌駕するつもりだ。

 この家賃を維持することが、彼らの重要な、純粋な、そして絶対的な利己的な動機なのだ。だから、完全な脱ソブリンが彼らの利益になるのだ。それゆえ、独立国家に対する攻撃、伝統的な価値観や文化に対する攻撃、自分たちがコントロールできない国際的な統合プロセス、新しい世界通貨や技術開発の中心を弱体化させようとする試みなどが行われている。

 彼らにとっては、すべての国が米国のために主権を放棄することが決定的に重要なのだ。

 ある国の支配層は自発的にそうすることに同意し、自発的に臣下となることに同意し、他の国は賄賂や脅迫を受ける。そして、もし失敗すれば、国全体を破壊し、人道的災害、大惨事、廃墟、何百万もの滅茶苦茶にされた人間の運命、テロリストの飛び地、社会災害地帯、保護領、植民地、半植民地を残すことになる。彼らは自分たちが利益を得るためなら、気にしないのfs。

 改めて強調したいのは、「集団的西側」がロシアに対して行っているハイブリッド戦争の真の理由は、欲と自由な権力を維持しようとする意図であるということである。彼らは私たちが自由になることを望んでおらず、私たちを植民地と見なしたがっている。彼らが求めているのは、対等な協力ではなく、強奪である。彼らは、我々を自由な社会ではなく、魂のない奴隷の集団と見なしたがっている。

 彼らは私たちの思想や哲学を自分たちに対する直接的な脅威とみなしており、だからこそ私たちの哲学者を攻撃しているのだ。私たちの文化や芸術は彼らにとって脅威であり、だから禁止しようとする。私たちの発展と繁栄は、彼らにとっても脅威であり、競争は激化している。彼らはロシアを全く必要としていない、我々が必要としているのだ。(拍手)

 世界征服の主張は、過去、わが国民の勇気と不屈の精神によって何度も粉砕されてきたことを思い起こしたい。ロシアはいつまでもロシアである。私たちは、これからも自分たちの価値観と祖国の両方を守っていくす。

 西側諸国は免罪符を頼りにしており、何でもかんでも逃げ出す。実のところ、今まで逃げ回っていたのだ。戦略的安全保障協定はゴミ箱に捨てられ、最高政治レベルでの合意は見せかけとされた。NATOを東に拡大しないという確固とした約束は、かつての指導者がそれを信じていたのに、汚い見せかけに変わった。ミサイル防衛と中距離ミサイル条約は、突飛な口実で一方的に廃棄された。

 各方面から聞こえてくるのは、「欧米はルールに基づいた秩序を守っている」という言葉だけだ。どこから来たのか? このルールを見た人は全くいないのか? 誰が交渉したのか? いいか、これはナンセンスだ! 完全に欺瞞だ!二重、三重の基準だ 単にバカのために設計されているのだ。

 ロシアは千年王国、文明の国であり、そのような不正なインチキなルールで生きていくつもりはない。(拍手)

 国境不可侵の原則を踏みにじったのはいわゆる西側諸国であり、今や誰が自決権を持ち、誰が自決に値しないかを自らの裁量で決定している。なぜそう判断したのか、誰がその権利を与えたのか-は不明である。自分たちでもよくわからない。

 だからこそ、クリミア、セヴァストポリ、ドネツク、ルハンスク、ザポリージャ、ケルソンの人々の選択に対して、荒々しい怒りを抱いているのだ。この西洋には、それを評価する道徳的な権利も、民主主義の自由について語る権利もない。そんなことはないし、したこともない。

 欧米のエリートは、国家主権や国際法を否定しているだけではない。彼らの覇権は、明らかに全体主義的、専制的、アパルトヘイト的な性質を持っている。

 彼らは大胆にも、世界を自分たちの属国、いわゆる文明国と、今日の西洋の人種差別主義者の意図にしたがって、野蛮人や未開人のリストに加わるべきその他の人々とに区分している。

 「ならず者国家」「権威主義政権」といった誤ったレッテルはすでに貼られており、国や国家全体に烙印を押しているのであり、これは何も新しいことではない。西洋のエリートは、植民地主義者のままである。彼らは差別をし、人々を「第一階層」と「第二階層」に分けている。

 私たちは、このような政治的ナショナリズムや人種差別を決して受け入れてないし、これからも受け入れることはないだろう。そして、今、世界中に広がっているロシア恐怖症は、人種差別でなければ何なのか。

 西欧が、自分たちの文明、つまり新自由主義文化が世界の他の国々にとって疑いようのないモデルであると信じて疑わないのは、人種差別でないとしたら何だろう。「われわれと共にない者は、われわれに敵する」。不思議な響きさえする。

 欧米のエリートでさえ、自分たちの歴史的犯罪の悔い改めを皆に転嫁し、自国や他国の国民に、自分たちがまったく関係ないこと、たとえば植民地支配の時代について謝罪するよう要求するのである。

 西洋は中世に植民地政策を開始し、その後、世界的な奴隷貿易、アメリカでのインディアン部族の虐殺、インドやアフリカの略奪、イギリスとフランスによる中国との戦争、アヘン貿易のための開港を強要したことを思い起こすとよいだろう。彼らがやっていたのは、民族全体を麻薬におぼれさせ、土地や資源のために民族全体を意図的に絶滅させ、人間を獣として狩るという本末転倒なことだったのだ。これは、人間の本性、真理、自由、正義に反する。

 そして私たちは、20世紀に反植民地運動を主導し、世界の多くの人々に発展の機会を与え、貧困と不平等を減らし、飢えと病気を克服したのがわが国であったことを誇りに思っている。

 このような欧米のエリートたちが、何世紀にもわたってロシア恐怖症に陥り、怒りを露わにしてきた背景には、まさに植民地支配の際に、ロシアが自らを奪われることなく、ヨーロッパ人たちに相互利益のための貿易を強いたからだということを強調したいのである。

 これは、ロシアに強力な中央集権国家を作り、正教、イスラム教、ユダヤ教、仏教の偉大な道徳的価値と、万人に開かれたロシアの文化やロシア語によって強化され、発展していったからである。

 ロシアへの介入計画が何度も立てられ、17世紀初頭の曖昧な時代と、1917年以降の衝撃の時代の両方を利用しようとしたことが知られているが、それは失敗している。

 結局、西側諸国は国家が滅んだ20世紀末にロシアの富を手に入れることに成功したのだ。当時は友人やパートナーと呼ばれていたが、実際は植民地として扱われ、さまざまなスキームで何兆円ものお金が吸い上げられた。私たちは皆、何もかも覚えていて、何も忘れてはいない。

 そしてこの数日、ドネツクとルハンスク、ケルソンとザポリージャの人々は、我々の歴史的な結束を回復するために声を上げた。ありがとうございました。(拍手)

 欧米諸国は何世紀にもわたって、自分たちは他国に自由と民主主義の両方をもたらすと言い続けてきた。民主主義の代わりに抑圧と搾取、自由の代わりに奴隷と暴力である。一極集中の世界秩序全体は、本質的に反民主的で自由がなく、徹頭徹尾嘘であり偽善者である。

 アメリカは世界で唯一、核兵器を2回使用し、日本の広島と長崎を壊滅させた国である。ちなみに、前例がある。

 第二次世界大戦中、アメリカはイギリスとともに、ドレスデン、ハンブルク、ケルン、その他多くのドイツの都市を、軍事的必要性もないのに廃墟にしたことを思い出してほしい。そしてそれは、軍事的な必要性もなく、実証的に行われたのだ。目的はただ一つ、日本への原爆投下と同じように、自国と世界を威嚇することであった。

 米国は、野蛮な「絨毯爆撃」、ナパームや化学兵器によって、韓国とベトナムの人々の記憶にひどい傷跡を残した。

 今日に至るまで、ドイツ、日本、大韓民国などを占領し、対等な同盟国だと皮肉っている。聞け!どんな同盟なんだろう。これらの国の指導者がスパイされ、国家元首がオフィスだけでなく自宅まで盗聴されていることは全世界が知っている。本当に残念なことだ。それをする人も、奴隷のように黙ってこの野暮ったさを飲み込んでいる人も、恥ずかしくなる。

 彼らは家臣に命令と無礼な、侮辱的な叫びをユーロ大西洋の連帯、生物兵器の開発、ウクライナを含む生きている人間の実験 - 高貴な医療研究を呼び出す。

 彼らの破壊的な政策、戦争、略奪が、今日の移民流入の急増を引き起こしている。何百万人もの人々が窮乏に苦しみ、虐待を受け、何千人もの人々がヨーロッパに向かおうとして死んでいるのだ。

ウクライナからパンを輸出している。世界の最貧国の食料安全保障を確保する」という口実で、どこに向かっているのか。どこへ行くのか?すべてはヨーロッパの国々へ。そこでは、5%が世界の最貧国にしか行き渡らないのです。またしても、デマと完全な欺瞞である。

 アメリカのエリートは、実はこの人たちの悲劇を利用して、ライバルを弱体化させ、国民国家を破壊しているのだ。これはヨーロッパにも当てはまることで、フランス、イタリア、スペインなど、何世紀もの歴史を持つ国々のアイデンティティに適用されます。

 米国はロシアに対しますます多くの制裁を要求し、欧州の政治家の多くは従順にこれに同意している。米国は、EUにロシアのエネルギーやその他の資源を完全に遮断するよう働きかけることで、実質的に欧州を脱工業化し、欧州市場を乗っ取っていることを明確に理解している。

 彼らは、欧州のエリートたちは、すべてを理解しているが、他人の利益になることを好むのだ。これはもはや下世話な話ではなく、彼らの民族に対する直接的な裏切りである。しかし、神は彼らと共にある、それは彼らのビジネスである。

 だが、アングロサクソンは制裁だけでは飽き足らず、バルト海の底を走る国際ガス管「ノルドストリーム」の爆発を組織して妨害工作に乗り出し、欧州全体のエネルギーインフラを実際に破壊し始めたのだ--信じられないが、これは事実だ。その恩恵を受けるのは、誰にとっても当たり前のことだ。誰が得をしたかというと、もちろん、そうしてきた。

 アメリカの独裁は、武力、拳法に基づくものだ。きれいに包まれていることもあれば、何も包まれていないこともあるが、本質は同じ、拳の力である。

 それゆえ、世界各地に何百もの軍事基地を配備し、維持し、NATOを拡大し、AUKUSなどの新しい軍事同盟を形成しようとするのである。ワシントン、ソウル、東京の政治・軍事的な結びつきも積極的に進められている。真の戦略的主権を持ち、あるいはそれを目指して、欧米の覇権に挑戦できる国家は、すべて自動的に敵に分類される。

 米国とNATOの軍事ドクトリンは、このような原則に基づいて作られており、完全な支配を求めるものである。西側のエリートは、同じ偽善的な方法で新植民地計画を提示し、平和的であるかのように装って、ある種の封じ込めについて語り、このようなずる賢い言葉は、ある戦略から別の戦略に移行するが、実際のところ、それはただ一つのこと-あらゆる発展の主権中心を弱体化させること-しか意味していない。

 ロシア、中国、イランの封じ込めについては、すでに聞いている。アジア、中南米、アフリカ、中東、そして現在の米国のパートナーや同盟国も、その次だと考えている。

 自分たちの意にそぐわないことがあると、ある銀行には別の銀行、ある会社には別の会社というように、同盟国に対しても制裁を加えることも知っている。実践の場であり、広げていくものだ。彼らは、最も近い隣人であるCIS諸国を含むすべての人をターゲットにしている。

 同時に、西側諸国は明らかに、とっくに希望的観測に耽っている。こうして、ロシアへの制裁電撃戦を開始することで、再び全世界を自分たちの支配下に置くことができるようになると考えたのである。

 しかし、このような明るい展望は、完全な政治マゾヒストと他の型破りな国際関係の称賛者を除いて、すべての人を興奮させるものではないことがわかった。ほとんどの国家は「王道を行く」ことを拒否し、代わりにロシアとの協力という賢明な道を選ぶ。

 このような反抗的な態度は、明らかに西側諸国が予想していなかったことである。彼らは単にテンプレートに従って行動することに慣れ、恐喝、賄賂、脅迫によって、すべてを額面通りに受け取り、まるで過去に凍りついて硬直しているかのように、これらの方法が永遠に有効であると自分自身を納得させるのである。

 このような自信は、自分たちの例外性という悪名高い概念だけでなく-確かに驚くほど単純ではあるが-西洋における真の「情報ハンガー」の直接的な発露でもある。真実は神話、幻想、偽物の海に溺れ、法外に攻撃的なプロパガンダを使い、ゲッペルスのように嘘をついた。

 信じられないような嘘であればあるほど、人々はすぐにそれを信じてしまう-それが彼らのやり方であり、この原則に従っている。

 しかし、人々は印刷されたドルやユーロで養うことはできない。その紙切れでは彼らを養うことはできないし、欧米のソーシャルネットワークのバーチャルな膨張した資本では、彼らの家を暖めることはできないのだ。

 これらはすべて、私が言っている重要なことなのである。しかし、私が今言ったことも重要なことだ。紙では誰も養うことはできない。食糧が必要である。また、このように膨張した資本金では誰も暖めることはできない。エネルギー運搬船が必要なのだ。

 そのため、ヨーロッパの政治家たちは、家庭で食べる量を減らし、入浴の回数を減らし、暖かい服装をするように同胞を説得しなければならない。そして、フェアな質問をし始める人たち。「実際、なぜそうなのか?」というと、すぐに敵、過激派、ラジカルと断定してしまう。ロシアに逆らって、「お前たちの悩みの種はロシアだ」と言うのです。また、嘘をつく。

 この危機は、ウクライナやドンバスで特別軍事作戦を行うずっと以前から行われてきた政策の結果、まさに自分たちの責任で発生したのである。彼らは、不公平や不平等の問題を解決するつもりはないのです。他の使い慣れた処方箋を用意する恐れがある。

 そしてここで、西洋が20世紀初頭の矛盾から第一次世界大戦を経て出現したことを思い起こすに値する。第二次世界大戦の結果、アメリカは世界恐慌を克服し、世界最大の経済大国となり、世界の基軸通貨としてドルの力を地球上に印象づけることができたのである。西側諸国は、最後に崩壊し、バラバラになったソ連の遺産と資源を流用することで、1980年代の危機をほぼ克服し、危機は悪化したのである。それが事実である。

 今、矛盾のもつれから抜け出すためには、他人の富をさらに略奪し、その代償として穴を塞ぐために、主権的発展の道を選ぶロシアやその他の国家を、ぜひとも打ち砕く必要がある。もしそうならなければ、彼らはシステムを崩壊させ、すべてをそのせいにしようとするだろうし、最悪の場合、よく知られている「戦争がすべてを帳消しにする」という公式を使うことになるだろうと私は否定しない。

 ロシアは国際社会における自らの責任を理解しており、このような熱血漢を正気に戻すためにあらゆる手段を講じるつもりである。

 現在の新植民地主義モデルが長期的には破滅的であることは明らかである。でも、本当の主人は、最後までそれにしがみつくであろう。彼らは単に、同じ略奪とゆすりのシステムを継続する以外、世界に何も提供しないのだ。

 要するに、何十億もの人々、人類のほとんどの人々が持つ、自由と正義、そして自分たちの未来を決めるという当然の権利に唾を吐いているのである。彼らは今、道徳、宗教、家庭を徹底的に否定する方向に進んでいる。

 自分自身のための非常にシンプルな質問に答えてみよう。

 今、私が言ったことに戻って、会場にいる私の同僚だけでなく、すべてのロシア国民に語りかけたいと思う。私たちは本当に、パパとママの代わりに「ナンバー1」「ナンバー2」「ナンバー3」の親を持ちたいだろうか?私たちは、小学校の授業で子どもたちに、劣化や絶滅につながる倒錯を作り出すような教育を始めてほしいのだろうか。

 女性と男性の他に、ある種の性別があることを教え、性転換手術を受けさせたいのだろうか。これが私たちの国や子どもたちのために望むことなのだろうか。このようなことは、私たちには受け入れられない。私たちには、自分たちの別の未来があるのだ。

 繰り返すが、西側エリートの独裁は、西側諸国の国民を含むすべての社会に向けられている。みんなへの挑戦状だ。このような人間の完全否定、信仰と伝統的価値の破壊、自由の抑圧は、「宗教を逆手に取った」、つまり完全な悪魔崇拝の特徴を帯びているのだ。

 イエス・キリストは山上の垂訓の中で、偽預言者を糾弾し、「その実によって、彼らを知るであろう」と言われた。そして、これらの毒の実は、わが国だけでなく、欧米の多くの人々を含むすべての国の人々にとって、すでに明白なことなのだ。

 世界は革命的な変革期を迎えており、それは基本的なことだ。新しい開発拠点が形成されつつある。彼らはマジョリティを代表している。- 彼らは多極化の中に、自国の主権を強化する機会を見出し、それによって真の自由、歴史的展望、独立した創造的で独特な発展への権利、調和のとれたプロセスを獲得しようとする。

 欧米をはじめ、世界中に志を同じくする人たちがいて、その支持を実感している。一極集中の覇権主義に対する解放・反植民地運動が、さまざまな国や社会で展開されている。その主観は増すばかりである。この力こそが、今後の地政学的な現実を決定するのである。

親愛なる皆様へ

 今日、私たちは、何よりもまず私たち自身のために、ロシアのために、独裁、専制が永遠に過去のものとなるように、公正で自由な道を求めて戦っている。

 私は、各国や各民族が、誰かの例外主義や他の文化や民族の抑圧に基づいた政策は本質的に犯罪であり、この恥ずべきページを変えなければならないことを理解していると確信している。

 始まった西洋覇権の崩壊は不可逆的である。そして、繰り返しになるが、これまでと同じようにはいきません。

 運命と歴史が我々を呼んだ戦場は、我々の民族、偉大なる歴史的ロシアのための戦場なのだ。(偉大な歴史的ロシアのために、未来の世代のために、私たちの子どもたち、孫たち、ひ孫たちのために。 私たちは彼らを奴隷化から、彼らの心と魂を不自由にしようとする怪しげな実験から守らなければならない。

 私たちは、ロシアが、私たちの民族が、私たちの言語が、私たちの文化が、歴史から消されることがないように、今日も戦っている。今日、私たちは社会全体の統合を必要としており、その統合は主権、自由、創造、正義に基づくものでなければならない。私たちの価値観は、人間性、慈悲、思いやりである。

 そして、真の愛国者イワン・アレクサンドロヴィッチ・イリインの言葉で締めくくりたい。「もし私が祖国をロシアと考えるなら、それは私がロシアを愛し、考え、思考し、ロシア語で歌い、話すということであり、ロシア人の精神的強さを信じるということである。その精神は私の精神、その運命は私の運命、その苦しみは私の悲しみ、その栄華は私の喜び」。

 この言葉の背景には、1000年以上にわたるロシア国家の歴史の中で、私たちの祖先が何世代にもわたって守ってきた、大きな精神的選択がある。今日、私たちドネツク、ルガンスク両人民共和国の市民とザポリージャ、ケルソン両州の住民は、この選択をしたのだ。彼らは、国民とともに、祖国とともに、その運命を生き、祖国とともに勝利することを選択したのだ。

 「真実は我々の背後にある!ロシアは我々の背後にある!」。』



一部抜粋動画。


※昨今の、あまりにもロイター発西側メディアの偏向報道に強く違和感を感じ掲載に至る。
なお、これにより私の心がロシア、プーチン大統領に与するものでもなければ
また、ウクライナのゼレンスキー大統領に至っては虫唾が走るほど苦手です。





OLD ARRIVAL
過去の記事 2020.08.06~202.07.20
過去の記事 2020.01.29~2020.08.01
過去の記事 2018.11.09~2019.08.06
過去の記事 2018.05.08~2018.10.25
過去の記事 2017.11.20~2018.05.02
過去の記事 2017.06.16~2017.11.15
過去の記事 2017.03.08~2017.06.09
過去の記事 2016.11.28~2017.03.01
昔のブログ  2008.01.04~2016.11.28
2022.03.10
内閣府のムーンショット目標






気になる箇所を私なりに要約してみます。
「2030年までに、お金を持っている人は誰でも、特定のタスクに対して身体的能力
認知能力及び知覚能力を強化できる、バイオテクノロジーと遺伝子組み換え技術を開発し
AIにより完全に管理された新しい生活様式を提案する。」(ちょっと間違ってるかも)

といったようなことがイラスト化されていますね。

トランスヒューマニズム
人間が人間でなくなります。

コンピュータのスキルで、魂のないピアノを弾くよりも
私は、心のこもった本当のピアノを聴きたいな~。

Ps. 綾瀬はるかさん、怖いです。



2022.03.02
ウクライナ危機について

テレビや新聞を見ていても、ウクライナ危機のことがさっぱり分からない・・・
ドンパチ始めて、どっちが良いとか悪いとか、まぁ、どうでもいい。
なんでどうでもいいのかっていうと、肝はそこではないから。

つまり、なんなのか?ってことですよね。
この辺の動画をしっかり見れば、なんとなく分かるような・・・
でも、やっぱり分からないような・・・

冒頭のは、Singen亭さんで、要はとどのつまるところの話。

こちらは、ワールドフォーキャストの藤井巌喜さん。




こちらはメイコさん。









2022.03.08

SHINGEN亭新作


で、とどのつまりは!

って感じなんですかね~。




『米大統領、デジタルドル検証加速を指示』

果たして、世界はシナリオ通りに進んでいくのでしょうか!



2022.02.22
アンナ・シェルバコワ

長年、それなりにフィギュアスケートを見てきましたが
これ程しなやかに美しく完璧な演技は初めて見ました。

高貴な芸術作品といってもよいでしょう。
おまけにガッツポーズにまで気品があるんですから。

フリーは実況なしのノーカットでどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=DIO1wCu5FZo

アンナ・シェルバコワ フリースケーティング
4回転フリップ、3回転トーループ 0:25
4回転フリップ 0:52
ダブルアクセル 1:15
コレオシークエンス 1:30
ダブルアクセル 1:40
フライングキャメルスピン 1:50
3回転ルッツ、3回転ループ 2:24
3回転フリップ、シングルオイラー、3回転サルコー 2:38
3回転ルッツ 2:50
ステップシークエンス 3:10
フライング足変えコンビネーションスピン 3:30
足変えコンビネーションスピン 4:00


ショートプログラム








2022.01.30
ロバート・マローン博士のスピーチ





声明(動画)











mRNAワクチン開発者、ロバート・マローン博士(Wikipedia)

テレビで放送されることは無いでしょう。


2022.01.01
2022年 元旦








毎年恒例のカップルと潮見海岸にて

平和な幕開け(^_^)


2021.10.13
コマーシャル撮影の続きとして


https://www.news24.jp/articles/2021/10/07/07952474.html



こちらは、厚生労働省公式PDF文書より

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf


この厚労省の文書は、嘘でも冗談でも、または聞き間違えでもなかったってことです。

冒頭のニュースでは
20代の女性は外傷により死亡とあり、厳密には虚偽の報道はされていないようですが
言葉のあやをたくみに使い、あたかも若者がコロナで死亡したように印象操作されており
しかも、ちゃっかり新型コロナの感染による死亡者にもカウントされています。

正確にはコロナとは関係なく、ただの交通事故による死亡です。


そして、これらの報道は

先日の↓『コマーシャル撮影』ともしっかりリンクされているのです。




2021.10.03
コマーシャル撮影

以下の画像は上記動画の


撮影風景です。




確かに

「ホワイトハウスにて」とは言っておりませんし


目的は

これなのは分かりますが・・・
なんにしても、安っぽい演出で

今さらですが

ニュースはコマーシャルと化しました。

ご苦労さん。



2021.09.22
お彼岸にて

早いもので、もう秋のお彼岸です。
ということは今年も既に4分の3が経過しようとしているってことで
コロナだとか悪天候などで、あまりパッとしない日々が続きますが
それでも、なるべく活動的に前向きな生活を心懸けています。

今週は鴨江観音のお彼岸に行きました。

祝日ってこともあり結構な人出。


それでも以前あったお店などが年々減り

たとえば、ひよこ売りとか植木屋とか瀬戸物屋とか・・・


やっぱり、ちと寂しい。

その昔は浜松駅から出店がずらっと並んでいたという。


私が子供の頃には、サーカスだとかお化け屋敷

ガマの油売りにハブ対マングース、見世物小屋もあったような・・・




懐かしい。




ささやかに


このオッチャン

人情がありました。

そんな、旧時代の名残を
目に焼きつけておきたいと思います・・・



2021.09.15
ひまつぶしのハゼ釣りについて

なんという無様で残酷な写真でしょう・・・
おまけに暇つぶしに私のブログなどのネタに撮影されて・・・

休日の雨降り続きで、家でごろごろしているのも退屈なので
滅多に行かない一年ぶりの釣りに行きました。

というのも、昨年の今頃にも同じ場所でハゼ釣りをして
なにしろ揚げたてのハゼの天ぷらは身がほくほくして美味い。

お客様から教えてもらった

こんな仕掛けで


ポイントはここ。

2時間やって




釣果はこれだけ(^^;)




天ぷらは抜群に美味かったけれど


私は、やっぱり

のんびり座っているのが性に合ってるな~

哀れなハゼの写真を撮らなかったら
もう少し気分も違っていたのかもしれないが・・・



2021.09.01
今夏のベストポジション3回目

8月中旬からの長雨の影響で、夏休み中は1度も行けなかった気田川。
はやる気持ちを抑えつつも、それでも現地に着く迄は落ち着かず・・・

まぁ、近頃では便利なもので
河川ライブカメラなんてものがありまして

前もって気田川の様子が確認できるんですがね(^^;)


で、今夏のスペシャル特等席は




やはり、増水の影響で地底に埋もれていました。

それに、ちょっとまだ濁りが・・・

それでも、十分に気田川に癒やされた今年の夏でした。

まだ、行くけどね(^o^)



2021.08.26
絶賛治験中ワクチンと酸化グラフェン

covid-19ワクチンの治験完了日
ファイザー 2023年 1月31日
モデルナ 2022年10月27日

これは、ファイザー社、モデルナ社の公式添付文書に記載されている内容です。
http://ecoyoko-archive.seesaa.net/article/480026075.htm
l

一般庶民にとって
無数に存在する星々が、どのような物質で構成されているか確認することが不可能なように
無数に存在するワクチンの中身を、実際に確認することは不可能です。

冒頭の動画はアメリカのドクターJane Rubyによる
治験中のワクチンの危険性、及び主成分と思しき酸化グラフェンについての警告ですが・・・

近頃話題の『酸化グラフェン』などとは耳慣れぬ言葉。

まずは『グラフェン』について(酸化はつきませんが)
とても分かりやすい動画がありましたので、こちらから。



では、冒頭の動画で重要な部分を抜粋します。
治験中のワクチンについて・・・

(人体実験と言い換えたい)


酸化グラフェンについて

(彼らとはスペインの科学チームのことを指す)



























PCR検査について・・・

(クリスチャン・ドロステンとはドイツ人のウイルス学者)


コロナウイルスについて・・・



















そして・・・









治験中のワクチンについて・・・






インフォームドコンセントとは⇒医師が患者に対して、治療を開始する前にこれから始める治療内容
について「なぜこの治療が必要なのか」「どのくらいの期間がかかるのか」「この治療をする ことによる
効果はどういったものか」「治療にかかる費用」等を、わかりやすく説明をし、その上で患者から同意を
得ることを言います。(コトバンク)

最後に、酸化グラフェンとリンクする




懸念材料について・・・

(詳細は動画で)https://rumble.com/
vjozaj-99.99-pfizer-covid-19-vaccine-graphene-oxide-dr-jane-ruby-stew-peters-20210.html


さて、冒頭で述べましたとおり
実際に直接個人で確認することのできない、ワクチンの中身・・・

何が本当なのか、情報が氾濫する現代社会において私達には知る由もありませんが・・・
異例の早さで作成され、特措法により特例で承認された(注:承認であり認可ではない)
現在治験中で人類史上初の遺伝子ワクチンである。
といった見解に間違いはないでしょう。

これらについて、厚生労働省が以下URLのように回答をしている。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0082.html
『新型コロナワクチンは、臨床試験(第Ⅲ相試験)で
有効性と安全性に関して厳格な評価が行われた後に承認されています。
その上で、効果の持続性等を確認するために、臨床試験が継続されています。』

また
『長期に有効性や安全性が認められるかどうかについて、引き続き情報収集が行われているため』
などと、美辞麗句の並べ立て・・・


指摘させていただくなら
長期臨床試験における副作用による危険性の情報収集に関しての記述が一切ない。
はたしてこれは、いかがなものか。


今後、どんなことになっていくのでしょう・・・

https://twitter.com/UWmccFeSefwHSxg/status/1429985069796532235





検索してね!


まぁ、難しく考えなくても

こちらの動画で。


ではでは・・・



2021.08.21
異常事態宣言前夜

連休最終日、通称サザエさん症候群といった時間帯
市川雷蔵と八千草薫出演のチャンバラ映画『濡れ髪剣法』を笑いこけながら見ていたところ
久しぶりの友人から電話が鳴り、こうゆう場合の流れには身を委ね、早速出かけることに。

そこは、緊急事態宣言前夜の浜松市中心街。
(上の画像は1999年往時の千歳町中央通り)

待ち合わせの場所に出かけてみると

ちょうど、ひと月ぶりに再会したノラ猫ちゃん。
行く末が心配だな~

さて、コンビニでビールを買い

この辺から散策スタート。


まずは記念撮影。




人影なく




灯りもなく




まるで

ゴーストタウン。


看板が点いていても




それは8時まで。

以降、全滅。(たぶん)


このへんで千歳町を諦め

また、物見遊山的な行為にも申し訳なさを感じ


肩を落とし、友人ともお別れし

寂しく帰ろうと思ったが、バスの到着には、まだかなり時間があり


やむなく、有楽街をぶらつくことにするが

同じく


人影まばらで

実に寂しい。


看板の灯火も虚しく

自動タイマー式。


アナーキーな野郎はいないのか!と

穴ぐら的ビルに忍び込むが、人影なく


しょんべん通りも

全滅かと思いきや


いました!

その、アナーキーが!(もしかして自動点灯かも)


そして肴町にも!

こちらは正真正銘、中から笑い声が。







三軒目は同じく肴町で

結構賑わっている様子。


といったわけで、私の散策した結果

わずかですが、三軒のお店がしぶとく営業していました。

また、小耳に挟んだところによりますと
モグリでやっているナイトクラブも数件あるとかないとか・・・

ってなわけで、現場を肌で感じて思うこと・・・
これは、紛れもなく乱世です。

以上、異常事態宣言前夜街中ルポでございまして
なんだかんだと案外忙しい夏休みを過ごしました(^^)


オマケ

1980年代のモール街。

市立高校の夏服が眩しいですね(^^)



2021.08.18
続夏休みの自由研究 課題は『日本』

この度、一身上の都合で奈良県の天理市を訪れることになり
少々時間に余裕があったので、ついでといってはなんですが
夏休みの自由研究の継続ってこともあり、2年ぶりに奈良公園に寄り道しました。

というのも、前回2年前の失敗を取り戻すため。
それは、後ほど。

で、今回面白かったのは東大寺の金剛力士像。

こちらは、南大門入口向かって左側の阿形。


そして、右側の吽形。

神社の狛犬とは阿吽が反対に、そして向かい合って配置されているのが、そもその疑問。


ちなみに、法隆寺では

右から、阿吽。

では、なぜ東大寺では逆なのか?
その謎を解き明かすための、この南大門の見取り図。

なぜか、この位置(矢印)から写真を撮ると


右側の吽形の目線は、やや左側に。(建物の外側ではなく内側向き)

そう!

つまり、金剛力士像の目線は
図の青色の部分を一歩出た赤丸辺り。(写真を撮り忘れたのが残念だがバチッと目線が合う)

ここが東大寺と外界との結界を示す場所であるならば


金剛力士像は東大寺に進入する者に対してではなく

東大寺を去る者に対して、睨みをきかせているということになるのではないのか。
つまり、金剛力士像が通常と逆の配置である謎が解けまして!?

さて、今回の本来の目的は

2年前に見物し忘れた興福寺見学と


南大門前のこの店で(昔ながらの店構えが良い)

たった300円をケチって買いそびれた
『必勝』ハチマキを買うこと!

意気込んで、店内をくまなく探すが

無~い。


1周、2周とじっくり探すが

やっぱり見当たらない、と諦め
(店員のお姉さんに「必勝ハチマキはありますか?」などとは恥ずかしくて聞けず)

外に出ようと思ったその時!

こ~んな隅っこの物陰に


おーっ!あったーって

お目当ての必勝ハチマキを2枚ゲットして
意気揚々と帰路につくのでしたが

無事に帰宅して、ふと思う・・・

なぜにして『日本』ハチマキを買わなかったんだ(*_*)

今年の夏休みの自由研究の課題は
『日本』の探求ではなかったのか!

前回の失敗に固執しすぎて、今の私を見失っていた・・・
うすうす気付いていたことではあるが・・・

やはり私は、おっちょこちょいの間抜けである。


Ps. 誰か奈良公園に行ったら『日本』ハチマキを買ってきてください。お願い~(^_^;)
275円です。お礼に、私の『必勝』ハチマキを一枚プレゼントします!



2021.08.15
大人の夏休みの自由研究

せっかくの夏休みというのに天気予報は雨、ぜ~んぶ雨・・・
もう、めげそうになっていましたが昨夜、連休前夜
布団の中で「あ、こうなたら気になっていた狛犬研究をやろう!」となりまして

その前に、夏休みの自由研究で今年輝いているのは、実は私の小学校からの友人一家で
彼は娘さんの自由研究において、浜名湖が汽水湖であるといった着眼点から
遠州灘から猪鼻湖までの塩分濃度を測ってしまおうといった壮大なスケールの
それは、浜松に生まれ育った人なら誰でも朧に気になってしまう疑問点に果敢にチャレンジし
数多の苦難を乗り越え、そして一夏の想い出を家族皆んな?で満喫している姿が微笑ましく
誠に勝手ながらここに紹介させていただきたいと思います。
『SURF day's』https://surfdays.hamazo.tv/

『2021年夏休みの自由研究』2021.08.07
『2021年夏休みの自由研究 2ndシーズン』2021.08.08
『2021年夏休みの自由研究 1.6%の謎』2021.08.09
『2021年夏休みの自由研究 again』2021.08.12

親父が一番楽しんでいるんじゃないのか!
といった懸念も無きにしも非ずといった感も否めませんが(笑)
いやいや、彼は娘さんもその気にさせる術を心得ているものと
そう感じさせてくれる彼の『2021夏休みの自由研究シリーズ』でございます。


さて、私の自由研究はといえば・・・
彼の娘さんの可憐な姿と比べてしまえば・・・

なんとも、雨降りに一人で神社に狛犬の写真を撮りに行くなんて
トホホな感じではありますが・・・

予てから気になっていた、日本の狛犬はその絵面がそのまま
実は『日本』を表しているのではないのか?といった疑問でございまして・・・

では早速、五社神社にて
それは、こんな感じのこと・・・

ほんじつ、ではないですよ(^^;)
昔の日本語は右から左に書きましたから(主に戦中戦前まで)
この場合、右から読んで日本。

で、そのヒントになるかもしれないのが

境内の片隅にあるお稲荷さん。


で、そのお稲荷さんの

キツネをよ~く見ると


右のキツネは球を咥えています。

さて、私の考察の場合
この球は、地球なのか?はたまた太陽なのか?となります。

そして左のキツネは巻物を咥えています。

巻物とはつまり、本=聖書
※詳しくは拙ブログ『日本という国号の謎~解明?』にて。cutshoptime.com/brog/index_007.html

現代では、このような姿の聖書をイメージしがちですが・・・

時代は随分とさかのぼり


こちらは、大昔の聖書の元になった物のようで『トーラー』といいまして

創世記や出エジプト記など五つの書が納められているのだそうです。
『ユダヤ教613の規律の根拠~トーラー~』
https://alis.to/KTAG/articles/aEOGmYbOEGmr



咥えてます。

こうなってくると、右の狐の球はやはり太陽と解釈するのが妥当であるのか?
または、地球を咥えているのか?

太陽だった場合、地球の絶対的支配者は太陽ですから解釈はそのままで
地球だった場合には、地球を咥えて支配する者で太陽、つまり『日』を指す。

いずれにしても合わせて、やはり『日本』なんじゃないのかな~と思うわけで・・・

しかし、まだ完璧じゃない・・・

次に
足をのばして八幡神宮に行ってみましょう。

狛犬様を見に行ったのですが


本殿の右脇を見ると

こちらにも


また、お稲荷さんがありましたので

よ~く見ると


なぜだか左右逆ですが

また、球。
お団子くわえてるんじゃぁないでしょう。

反対のはというと

な~んだ残念、なにも・・・


と、思いきや

よく見ると
何かを咥えていた痕跡が・・・

もう、怖くなってきたので今日はこのへんで・・・

本日は終戦記念日。
御霊安らかに。



2021.08.06
常識の書き換え完了 PCRお役御免

アメリカのCDC疾病予防管理センター(米公的専門機関)が
PCR検査の取りやめを決定したそうです。

つまり、これでPCR検査の役目は終わったってことでよいのかな?

https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/76692.html


さて、僭越ではございますが
私なりの見解を記しておきたいと思います。

PCR検査により常識の書き換えが行われました。

それは
今までの感染→ウイルスが人体に付着後体内に侵入し免疫機能が反応(発熱など)=感染
PCR検査後の感染→ウイルスが人体に付着及び発症=感染(つまり無症状感染者の検出)

PCR検査が使用される以前まで
人体にウイルスが付着しても自己免疫で撃退している状態は
普通に健康とよばれていました。

しかし『無症状感染』といった言葉の登場により、人間=ばい菌
といったイメージの下地が徐々にすり込まれてきたのです。

そして、この度のアメリカCDCの発表では、PCR検査の取りやめから
「マルチプレックスアッセイ」なる検査方法に移行することにより
インフルエンザウイルスのRNAを検出し識別できる、とあり

それは、つまりインフルエンザの無症状感染も検出できるようになる
といった理解でよいのでしょう。

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/lab/multiplex.html(CDC公式サイトより引用)

『CDC FluSC2マルチプレックスアッセイの利点』(CDC公式サイト)
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/lab/testing.html


さあ、人間=ばい菌も
さらなるステージに進もうとしています。

「インフルエンザの無症状感染者を検出することにより、より一層の感染予防が可能になる」
などと言われるようになるのでしょう。

こうなってくると・・・
もはやコロナ終息とか、そういった次元の話ではなくなります。

もう、生涯、マスクのない生活を取り戻すのは不可能なのでしょうか・・・
恐ろしい世の中になってしまいました。

そして深刻な問題は
これらは全て、分断工作であると考えられること。

マスクも、パーテーションも、ソーシャルディスタンスも・・・
ウケるのは、県跨ぎ自粛とか(笑)

ワクチンでは、接種派と非接種派。
そしてワクチンパスポート。

人と人との距離が引き離され、いがみ合い・・・
お互いに監視し合い・・・

もう、笑ってなどいられません。

しかし、やりたい放題、それが奴らの戦略。
踊らされていてはいけない。

えっ?
私の頭がおかしいって?

いえいえ
ちゃんと、皆んなが大好きなPCR検査について、CDCの発表に書いてありますよ。
以下、今更ながら
『PCR検査を巡っては、その精度を疑問視する声が当初からあった。
ウイルスの検出に必要なサイクル数(Ct値)に国際的な標準はなく
数値が高ければウイルスが少なくても陽性と診断されるからだ。
また、死んだウイルスの断片と生きた感染性ウイルスを区別できない場合もあり
偽陽性のリスクが高まるという懸念もあった。
CDCは昨年11月、PCR検査の基準値について
「患者のウイルス量や感染力、隔離期間を判断するために使用すべきではない」
と説明している。』

って。

これを、全て感染者として報道しているのが我が日本国です。
正確には、単にPCR検査の陽性者です。

目覚めよ!
さもなくば暗黒の世が待つのみ。

最後までお読みいただきありがとうございます。



2021.07.27
今夏のベストポジション2週目

先週に引き続き、今週も例のごとく俺のベストポジションを確保。
若干水かさが増して足元にチャプチャプと気持ちが良い。

のんびり1人の時間を楽しんでいると

にわかに賑やかな声が聞こえ出す。


あー夏休みだ。

小年よ


君達もいつか

こんな素敵なお父さんになる時がきたら


君の息子達を連れておいで。

それは変わらずそこにあるから。


などと、そんなことを思いながら

素敵に眩しい光景を眺めていると


知らず知らずホッコリした気持ちになって

俺は俺で、大人のチルダイブ(^^;)


今週も、気田川最高っす!



2021.08.03
今夏のベストポジション決定

やってきましたこの季節!

混雑する阿多古川を避け気田川へ。
全ての喧噪からエスケープ。

はやる気持ち。
で、先週から目を付けておいた

この橋脚の向こう側は




こんな感じで




ベストポジション!


そんで

スピーカーも設置して




大人のチルアウトは




ピアノソロでも聴きながら。

絶好の気田川日和。
川の形、水量、水の色。

気田川は雨が降ると一週間ぐらいは濁りがとれないし
お天気のことも考慮すると、今年はあと何回楽しめるかな。

なんにしても、気田川最高っす!



2021.07.24
コロナワクチン後の死亡報告746名






『厚生労働省 新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要』
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000809324.pdf


厚労省の公式情報によると、日本国内で令和3年7月16日現在
コロナワクチン摂取後に報告された死亡事例 ⇒ 746名(663+83)
コロナワクチンとの因果関係を認めないもの ⇒ 全件


つまり、国家とはそーゆうところなんですね。

で、なんでこれをテレビや新聞が国民に伝えないのだろう・・・?
公開されている事実としてだけでも報道しても良さそうなものなのに・・・

と、思っていたところ
やっと7月15日号の『女性セブン』に出ましたね。











最近は少~しずつ気付く人が増えてきているような・・・

でもね、無理なんだな~
やつらには勝てない。

さしずめ私は、甘んじて奴隷までは受け入れる・・・そこが限界。
犬にはならない。

で、最近話題の自社社員にワクチン禁止令を出したこの社長。

「接種したら無期限の自宅待機」タマホーム社長が社員に“ワクチン禁止令”(Yahooニュース)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9c3002b513c0e9f0d9b66fa838b362ff6b9de75


難しいところではありますが、叩かれ役の傀儡である可能性も・・・否めません。

WHO、国家、グローバル製薬会社に対し、一部上場企業の若社長が反旗を翻す。
社員の命と、危険を守るために・・・

それがどれほど危険な行為か・・・知らないはずはないだろう。

不可解である。

私は、工作活動とみる。

まぁ、いずれにしても目くじらを立てず、ニュートラルなスタンスで
全てを受け入れて生活していかなければいけないのでしょう。

とはいえ、大変な世の中になってしまっていることに変わりは無いですね・・・





浜松市中区西伊場町の散髪屋 ヘアーサロン【カットショップタイム】のホームページへようこそ!オーソドックスでシンプルな大人のヘアサロン!浜松のヘアサロン,床屋,理髪店,理容店,理容室

浜松市中区西伊場町の理容室 ヘアーサロン【カットショップタイム】のホームページへようこそ!オーソドックスでシンプルな大人のヘアサロン!浜松のヘアサロン,散髪屋,理髪店,理容店,床屋

浜松市中区西伊場町の床屋 ヘアーサロン【カットショップタイム】のホームページへようこそ!オーソドックスでシンプルな大人のヘアサロン!浜松のヘアサロン,散髪屋,理髪店,理容店,理容室



浜松市中区西伊場町の散髪屋 ヘアーサロン【カットショップタイム】のホームページへようこそ!オーソドックスでシンプルな大人のヘアサロン!浜松のヘアサロン,床屋,理髪店,理容店,理容室

浜松市中区西伊場町の理容室 ヘアーサロン【カットショップタイム】のホームページへようこそ!オーソドックスでシンプルな大人のヘアサロン!浜松のヘアサロン,散髪屋,理髪店,理容店,床屋

浜松市中区西伊場町の床屋 ヘアーサロン【カットショップタイム】のホームページへようこそ!オーソドックスでシンプルな大人のヘアサロン!浜松のヘアサロン,散髪屋,理髪店,理容店,理容室

浜松市の床屋 ヘアーサロン【カットショップタイム】のホームページ 《アクセス地図》浜松市の床屋ヘアーサロン【カットショップタイム】